Windows ICONIA TAB W Series

2012年09月06日 掲載

Windows 7 Home Premium搭載
ハイブリッドデザインタブレット
  • タブレットの携帯性とノートPCの生産性を1台に
  • Acer Ringの機能で操作がより手軽に
  • 異なるデバイス間での整理・共有・再生が簡単
画面サイズ解像度重さ駆動時間
10.1インチ1280×800約970g約6時間
3G flash GPS Bluetooth USB HDMI SDカード 防水

▶ ICONIA TAB W Seriesの特徴


雑誌よりも小さく軽い、携帯性の高い10.1型タブレット

ICONIA TAB Wシリーズは、雑誌よりも小さい10.1型ワイドの小さいボディで、1kgを下回る重さ。フロント、リア共に搭載されている1.3メガピクセルのウェブカメラはストレスのないチャット環境を実現。またバッテリー面においても、Acer PowerSmart 長時間バッテリーパックで充電せずに最長4時間のHDビデオ再生、最長6時間のインターネット接続が可能。携帯性の高いタブレットとなっています。


オリジナル・タッチスタイル「Acer Ring」で直感的な操作を

ひとつのインターフェースにマルチメディアから本体設定までの全機能を集約したAcer Ringを搭載。画面をタッチするだけで起動し、魅力的なアプリケーションや便利なファンクションを瞬時に呼び出しすことが出来ます。手軽なデバイスコンソールがデバイス設定を修正、周辺ポートやグラフィカルメニューから、デバイスへのアクセスを可能にします。


高い作業効率を生むマルチウィンドウ環境で、クラウドにも対応

複数のウィンドウを同時に開いて使える「マルチウィンドウ」に対応、サイトや資料ファイルを見ながら情報を整理するといったマルチタスクも可能です。また、動画などを組み合わせながらタッチ操作でテンポよく効果的なプレゼンが行なえます。
さらに、Web上にデータを保存する大容量オンラインストレージ「Windows Live SkyDrive」を利用できるので、指定したメンバーのみで保存データを共有する使い方も可能。ビジネスに最適なツールが揃っています。

▶ ICONIA TAB W Seriesの基本スペック

タブレット名ICONIA TAB W Series (アイコニア タブ ダブリュー シリーズ)
メーカーAcer
型番 ICONIATAB-W500S ICONIATAB-W500
OS Windows 7 (Home Premium 32ビット 正規版 SP1) Windows 7 (Home Premium 32ビット 正規版 SP1)
本体サイズ
(幅×高さ×厚さ)
275×190×15.95mm 275×190×15.95mm
重さ 約970g 約970g
画面サイズ 10.1インチ TFT液晶 10.1インチ TFT液晶
解像度 1280×800 1280×800
CPU デュアルコア (1GHz) デュアルコア (1GHz)
RAM 2GB 2GB
ROM 32GB 32GB
SDカード miniSD、microSD miniSD、microSD
Wi-Fi IEEE 802.11 b/g/n IEEE 802.11 b/g/n
モバイル通信 × ×
Bluetooth Bluetooth 3.0 + HS Bluetooth 3.0 + HS
フロントカメラ 約130万画素 約130万画素
リアカメラ 約130万画素 約130万画素
連続駆動時間 約6時間 約6時間
USB
HDMI
Flash
GPS × ×
防水性能 × ×
発売日2011/11/182011/11/18
その他機能 Radeon HD 6290 内蔵 Radeon HD 6250 内蔵


記事内容の正確性は保証致しかねますので予めご了承くださいませ。ご利用、ご購入は自己判断でお願いします。

今注目されているタブレット

  • Android

    ICONIA TAB A100
    ICONIA TAB A100

    メーカーAcer
    OSAndroid 3.2
    画面サイズ7インチ
    発売日2011/11/18
  • Windows

    iPad
    iPad

    メーカーApple
    OSiOS
    画面サイズ9.7インチ
    発売日2012/03/16
  • Android

    IdeaPad Tablet K1
    IdeaPad Tablet K1

    メーカーlenovo
    OSAndroid 3.1
    画面サイズ10.1インチ
    発売日2011/09/06


▲ このページの先頭へ