Android Google Nexus 10

2012年10月30日 掲載

現行タブレットの中で最高の「地球一高解像度」
速くてキレイで使いやすいロングライフタブレット
  • スピードと操作性を兼ね備えたGoogleタブレット
  • 約10インチのIPS液晶搭載。2560×1600の高解像度
  • 待受最長500時間の9000mAh大容量バッテリー
画面サイズ解像度重さ駆動時間
10.055インチ2560×1600約603g約9時間
3G flash GPS Bluetooth USB HDMI SDカード 防水

▶ Google Nexus 10の特徴


《2012年11月13日発売予定》

Googleが放つ「スピード」「操作性」「ロングライフ」を実現した10インチタブレット

Googleのタブレット端末シリーズの「Nexus 10」。特に高品質な映像再生を売りにしたモデルとなっていて、ディスプレイには約10インチのIPS液晶を搭載。解像度は2560×1600ピクセルと、現在リリースされているどのタブレット端末よりも高解像度で、映画コンテンツもキレイな映像で快適に楽しむことができます。OSにはAndroid 4.2、1.7GHz駆動のデュアルコアCPUを搭載。RAM2GBとスペックも高く、スムーズな端末操作が可能。バッテリーも9000mAhと大容量で、無充電状態でもバッテリーを気にすること無く持ち歩いてタブレットを使用することができます。


便利なアカウント切替機能。家族など複数人で使っていても自分だけのホーム画面

「Nexus 10」には複数人で端末を利用する時に便利なアカウント切替機能を搭載しています。端末を使用する人それぞれでホーム画面、アプリ、メール、ストレージ領域などを持つことができるので、同じタブレットでも使う人それぞれのオリジナル仕様に手軽にカスタマイズすることが可能。端末を使うのが自分一人だけであったとしても、ビジネスとプライベートでホーム画面を切り替えたりとシーンに合わせた端末設定をすることができ、一人でも複数人でも便利に手軽にタブレットを使用できます。


大画面・高解像度で幅広のコンテンツも快適に閲覧。ビジネスにもプライベートにも

高解像度が特徴の「Nexus 10」は、これまでスクロールしなければ全体を見ることができなかったような幅広なコンテンツも一画面で閲覧可能。特にビジネスで扱う資料などは解像度が低いとスクロールが必要であったり自動縮小されてしまってよく見えなかったりしましたが、この「Nexus 10」ではそんな煩わしさも無し。細かい文字や画像でもくっきりキレイに再生してくれるので見やすく、色々なファイル、コンテンツを快適に閲覧することができます。約10インチの大画面なのでフルキーボードでも押しやすく、長文の作成なども楽に行うことが可能です。

▶ Google Nexus 10の基本スペック

タブレット名Google Nexus 10 (グーグル ネクサス 10)
メーカーGoogle
型番Nexus 10
OSAndroid 4.2
本体サイズ
(幅×高さ×厚さ)
263.9 x 177.6 x 8.9 mm
重さ約603g
画面サイズ10.055インチ WQXGA IPS液晶
解像度2560×1600
CPUA15 ディアルコア (1.7GHz)
RAM2GB
ROM16GB、32GB
SDカード×
Wi-FiIEEE 802.11 b/g/n
モバイル通信×
Bluetooth
フロントカメラ約190万画素
リアカメラ約500万画素
連続駆動時間約9時間 (動画再生時)
USBmicroUSB
HDMImicroHDMI
Flash×
GPS
防水性能×
カラーブラック
発売日2012/11/13


記事内容の正確性は保証致しかねますので予めご了承くださいませ。ご利用、ご購入は自己判断でお願いします。

今注目されているタブレット

  • Android

    Eee Pad Slider SL101
    Eee Pad Slider SL101

    メーカーASUS
    OSAndroid 3.2.1
    画面サイズ10.1インチ
    発売日2011/10/08
  • Android

    REGZA Tablet AT570
    REGZA Tablet AT570

    メーカーTOSHIBA
    OSAndroid 4.0
    画面サイズ7.7インチ
    発売日2012/05/26
  • Windows

    ASUS VivoTab TF810C
    ASUS VivoTab TF810C

    メーカーASUS
    OSWindows 8
    画面サイズ11.6インチ
    発売日2012/11下旬以降


▲ このページの先頭へ