会社のプレゼン資料やデータシートも簡単に、オフィス資料閲覧Androidアプリまとめ

2012年09月13日 掲載

ノートパソコンよりも手軽に持ち運んで利用することができるタブレット端末。ゲームや動画を迫力の大画面で楽しめるというのはもちろんですが、そうしたエンターテイメントだけでなく仕事でもその大画面を活用することができます。最近では医療の現場や、企業が会社単位でタブレットを導入しているということも多く、そうした法人向けのタブレットもリリースされるようになってきました。

タブレットは持ち運びが手軽なことから、場所を選ばずに大画面での作業が可能になります。カバンに入れても邪魔にならないサイズと重さなので、外回りをしている人の情報端末としても最適。会社で作成したファイルなど、スマホの画面では小さくて細かいところまで見られないということも多かったかもしれませんが、タブレットであれば大きな画面で細部まではっきりしっかり確認することができます。

もちろん、仕事でよく使う「Word」や「Excel」などのOfficeファイルもタブレットで見ることができます。しかも見るだけじゃなく、ちょっとした修正や新しく作成することも可能。場所を選ばずに仕事のファイルを閲覧・編集することができるので、文書作成、グラフ付きの資料作成、プレゼン資料などなど、あらゆる仕事のファイルをいつでもどこでも管理することができるのです。

タブレットは携帯することを前提に作られているものが多いので、会社のファイルのためにこれまでのように重いノートパソコンを持ち歩くなんて必要は無し。バッテリーの持ちもいいので、外で使う時はいつもバッテリー残量を気にしながら……なんてこともありません。また、Bluetoothキーボードやマウスを持ち歩けばノートPCのようなスムーズな作業もできるようになります。

今回はそんなOfficeファイルをタブレットで扱うためのAndroidアプリを厳選してご紹介。特に外回りをすることが多く、出先でファイルを扱うことが多いという人には、タブレットにこれらのアプリをダウンロードして活用することをオススメします。

▶ オフィスファイルが閲覧可能なAndroidアプリ

キングソフト株式会社が開発、安心の日本語対応


Word、Excel、PowerPointファイルで出来たオフィス文書の閲覧・編集はもちろん、新規作成も行えるAndroidアプリ。2GBまで無料のオンラインストレージ「KDrive」が一体になり、大容量の資料を保存出来るのが便利です。「Dropbox」や「Google Docs」内のファイルや、タブレット端末内に保存されたファイルも直接閲覧・編集が可能。メールやEvernoteでのシェアなど、各種連携機能も充実しています。初めは7日間の試用版が無料でダウンロード出来、完全版はシリアルキーを購入する形になっています。
Download

USB接続で異なるデバイスへのデータ移行も可能に


こちらもオフィス系ファイルを閲覧・編集可能なAndroidアプリで、無償版はWord、Excel、PowerPointのファイルの閲覧のみ。有償版では各種ファイルの閲覧・編集・新規作成に加え、PDFの閲覧やパスワードで保護されたWordやExcelファイルの使用、「Google Docs」内のファイルダウンロードと閲覧・編集が可能です。USBケーブル経由でWindowsパソコンからAndroid端末へのファイル転送も行えるので、異なる端末間での同期に使えます。
Download

クールなUIが特徴的、プレゼンも可能なビジネス系アプリ


無料版は閲覧のみ、有料の「Pro」バージョンのダウンロードで編集も可能になるOfficeSuite Viewer 6は、わかりやすいユーザーインターフェースが特徴的。クールなデザインなのでビジネスシーンでスタイリッシュに活用出来そうです。PowerPointの閲覧では1枚ごとの表示秒数も指定可能なスライドショー機能もあり、タブレットでのプレゼンもパソコン同様に行えます。
Download



▲ このページの先頭へ