都心の複雑な路線図も難なく攻略、便利な乗換案内アプリまとめ

2012年09月13日 掲載

「ここで○○線に乗り換えて、次にここで■■線に乗り換えて……」なんて、特に都心部の電車は乗り換えも多くて複雑。あまり慣れていない人にとっては、目的地まで電車で行くのがかなり大変だったりします。同じ目的地でも色々な乗り換え方法があり、どれが安くてどれが早いの?どれに乗ればいいか迷ってしまったという経験、誰しもあるのではないでしょうか。

最近ではそんな乗り換え案内を、時間順や料金順で調べることがパソコンやスマートフォンなどで手軽にでき、以前に比べたら格段に便利になりました。出発駅と目的駅を入力するだけで、時間や料金、乗り換え駅など調べられるので、初めて行く場所でも安心。電車がトラブルで止まったり遅れていたりした時も別路線をすぐに調べることができるので、そうしたトラブルの時にもとても便利です。

タブレットでもそんな乗換案内を利用できるアプリがたくさんラインナップ。タブレットの場合、画面が大きいので細かい路線図もしっかりと見ることができます。しかもパソコンと違って、アプリの場合はオフラインでも路線を調べることができるものも。地下鉄や混雑している場所など、ネットがつながりにくい環境でも乗り換えを調べることができます。

今回はそんな便利な乗換案内アプリをご紹介。それぞれに特徴があり、どれも使いやすいものばかり。色々な路線の電車をよく利用する人には、ぜひオススメしたいアプリばかりです。

▶ 経路検索に便利なAndroidアプリ

出発地と目的地の入力でシンプルに検索するスタンダードアプリ


ジョルダン株式会社が提供する乗換案内は、Web版でもおなじみのアプリケーションの1つ。出発地と目的地を入力すると簡単に経路や運賃・所要時間が表示されるといったスタンダードな機能が揃い、シンプルに検索したい人にオススメです。650円の「Plusモード」を利用すると定期料金の検索や、経路・時刻表の検索結果を保存など、様々な機能が追加されます。
Download

ソーシャルサービスを利用した運行情報リポートが特徴


優しい印象のスムーズなインターフェースで、検索結果が見やすい乗換案内Androidアプリ。よりリアルタイムな情報を得ることが出来る「リポート」機能は、駅や路線の状況をTwitterで教えあう仕組みで、Twitterのアカウントを持っていれば、自分でもアプリから状況を発信することも可能です。有料の会員登録をすると、よく利用するルートをマイデータとして保存しておける他、便利な別ルートやお得な定期券の買い方のアドバイスなども利用可能。賢さが光るAndroidアプリです。
Download

ウィジェット対応でスムーズな検索が魅力のYahoo!発ツール


巨大ポータルサイト「Yahoo! JAPAN」運営の乗換案内で、タブレット端末のGPS機能を利用した現在地周辺の地図表示が可能。地図のタッチで駅ではない路上なども出発地や目的地に設定することが出来、同じくyahoo運営の「Y!ロコ 地図アプリ(無料)」をダウンロードすることでナビ機能も備わります。ウィジェットに対応し、タブレットのホーム画面に検索バーを置いておけるので、スピーディーな検索をしたい人にオススメです。
Download

無料で出来る範囲の広さが嬉しい経路検索ツール


タブレット版ならではの直感的な操作が出来るUIデザインが魅力で、大画面1つで情報を瞬時に取得出来るのが嬉しいAndroidアプリ。ルートの検索結果には最適な乗車車両も表示され、徒歩レベルでの最短ルートがわかります。また結果に「CO2排出量」がグラム表示されるのがユニークです。混雑状況や運行状況のチェック機能もあり、よく使うルートは最大5件までブックマーク出来るなど、無料で出来る範囲が広いのが特徴です。
Download

使い方が広がる、他アプリとの連携が魅力


時刻指定の経路検索はもちろん、一部では乗換番線の情報や乗車位置も表示してくれるAndroidアプリ。運行情報を考慮し、迂回経路を検索してくれるので、朝の通勤・通学時にも使えます。他の「駅すぱあと」シリーズアプリとの連携する拡張性があり、「路線図」と連携で路線図からの駅の選択、「周辺検索」と連携なら住所からの駅の指定、といったように機能が追加されていきます。使い方に応じてカスタマイズ出来るのが便利です。
Download



▲ このページの先頭へ