通信費不要でWiMAXが使える電子書籍リーダーをBookLiveが発表。契約、設定不要で箱から出してすぐに電子書籍が買える「BookLive!Reader Lideo」が12月10日発売

2012年11月07日 掲載


電子書籍ストア「BookLive」を運営している株式会社BookLiveが、電子書籍リーダー「BookLive!Reader Lideo」を独自に発売することを発表。回線契約や初期設定無しでUQ WiMAXでの通信をすることができる端末で、本体価格は8480円。通信費用はBookLiveが負担する形になる。

「BookLive!Reader Lideo(リディオ)」は、16階調グレースケールの6インチディスプレイを搭載した、NEC製の電子書籍リーダー。本体サイズは約110×165×9.4mmで、重は約170g。ディスプレイ下に「メニュー」や「本棚」「文字」といった5つのボタンが設置されているので、使いたい機能をすぐに実行できる使いやすさも特徴。

UQ WiMAXを利用した通信だけでなく無線LANにも対応。いつでも好きな場所で、最適な通信環境で電子書籍の購入をすることができる。内蔵メモリーは4GBで、約3000冊の電子書籍を保存しておくことが可能。薄型・軽量でスーツの内ポケットにも入るサイズなので、3000冊もの電子書籍をコンパクトに持ち歩くことができる。

発売は12月10日を予定。11月19日より「BookLive!」内で予約受付を開始するほか、11月8日からは三省堂書店でも予約受付開始。三省堂書店 楽天市場店でも8日より予約を受け付けている。


■BookLive! 「Lideo」製品ページ
http://booklive.jp/feature/index/id/bl121top



▲ このページの先頭へ