遂に登場コンパクトでハイスペックなiPad「iPad mini」。競合他社のタブレットコンパクト化に対抗。日本ではソフトバンクに加えてauからも発売!

2012年10月24日 掲載



アップルでは10月23日、同社の開発しているタブレット端末「iPad」の新モデルとなる、従来より小さい7.9インチの「iPad mini」を発表。Wi-Fi版3モデルとWi-Fi+LTE版3モデルが発売される予定で、日本ではソフトバンクに加えauからも発売される。

今回発表された「iPad mini」は、これまでの9.7インチよりも小さい7.9インチディスプレイを搭載し、片手でも扱えることを特徴にしたタブレット端末。本体サイズ200×134.7×7.2mm、重さ約308g(Wi-Fi+LTEは約312g)と、薄型・軽量。重さに関しては従来モデルの半分以下となっている(第3世代iPadは約652g)。

薄型・軽量ながらハイスペックも実現した端末になっており、CPUにはデュアルコアのApple A5、ディスプレイは解像度1024×768ドット、カメラの静止画撮影サイズは従来モデルが640×480ドットVGAサイズだったのに対し1280×960ドットQVGAサイズの撮影が可能に。駆動時間もネット通信時最長9時間、動画再生時最長10時間となっている。

発売はWi-Fiモデルが11月2日、Wi-Fi+LTEモデルが11月下旬の予定。価格はWi-Fiモデルが16GB2万8800円、32GB3万6800円、64GB4万4800円。Wi-Fi+LTEモデルが16GB3万9800円、32GB4万7800円、64GB5万5800円。

日本ではこれまではソフトバンクからのみの発売だったが、今回よりauからも発売。SIMカードはiPhone 5と同様にnanoSIM(従来モデルはmicroSIM)となり、充電・通信コネクタもiPhone 5と同様のLightningコネクタが採用されている。


■Apple プレスリリース
http://www.apple.com/pr/library/2012/10/23Apple-Introduces-iPad-mini.html

【関連情報】
「iPad mini」製品紹介ページ – Tableta



▲ このページの先頭へ