10.1インチでWindows 8を搭載。薄型が特徴の防水・防塵タブレット 「ARROWS Tab Wi-Fi」

2012年10月19日 掲載



10月19日、富士通がWindows搭載タブレットの新モデル「ARROWS Tab Wi-Fi」を発表。OSにWindows 8を搭載し、防水・防塵仕様、薄型をウリにしたタブレットとなっている。

OSにWindows 8 32ビット正規版、CPUには1.5GHz駆動のAtom Z2760、メモリ2GBを搭載。10.1インチディスプレイは、液晶とタッチパネルの間の空気層を無くすことで乱反射を抑え、黒色の再現性を高めた「オプティカルボンディング」技術を採用。これまで空気層があったことによる微妙なタッチ位置のずれが少なくなり、よりタッチの操作性が増している。

本体サイズは264.4×169.4×9.9mmで、重さは約574g。同社ではWindows 8搭載の防水タブレットとしては最薄を謳っている。先に発表されているAndroid版のARROWS Tabと同じく、ボディは防水・防塵仕様。カメラは前面に200万画素、背面に800万画素のものを備え、GPS、加速度、ジャイロなどの各種センサーも搭載している。

発売は2012年11月2日を予定しており、実売価格は10万円前後の予定。また、同社の直販サイトではカスタムモデルARROWS Tab Wi-Fi WQ1/J」も発売予定で、こちらは専用クレードル、外付けDVDドライブ、Office Home and Business 2010を選択して付属することができる。


■富士通 製品情報ページ
http://www.fmworld.net/

【関連情報】
「ARROWS Tab Wi-Fi」製品紹介ページ – Tableta



▲ このページの先頭へ